格安SIMカードの機能を比較するときに注目するべきポイント

      2016/02/23

MVNOが提供する格安SIMカードの機能を比較する時に注目すべきポイントについて解説します。

SIMカードのサイズ

SIMカードには物資的に3つのサイズがあります。

  • 標準SIM(mini SIM):iPhoneなどで採用されている一番大きなSIMカード
  • microSIM:Android端末ではこれが主流。中くらいの大きさ
  • nanoSIM:古い機種に多い。もっとも小さい。

それぞれのSIMの機能に違いはありません。

SIMフリースマホごとに対応しているSIMカードのサイズが違うので、自分が購入するSIMフリースマホとあったサイズのSIMカードを購入するようにしましょう。

データ通信専用か音声通話つきか?

SIMカードは大きく分けて「データ通信専用タイプ」と「データ通信+音声通話つきタイプ」の2つがあります。

データ通信専用タイプはその名のとおりインターネットだけができるタイプです。もはや電話ではないという意見もありますが…実はLINEOUTなどの通話アプリを利用することで通話も可能です。ただしIP電話なので通話の品質は低いです。

音声通話つきタイプはインターネットと音声通話が両方できるタイプで、キャリア携帯を使っている人には馴染みやすいと思います。キャリアから乗り換えるならこちらが本命ではないでしょうか。MNPという制度を利用することで電話番号を引き継ぐことができます。

一般的にデータ通信専用SIMよりも音声通話SIMの方が料金が1000円くらい高いです。

さらに細かくわけるとSMS(ショートメッセージ)つきかどうかという区分けもあります。音声通話つきタイプにはSMSがついてくる場合がほとんどです。

通信速度は高速か低速か?

MVNO各社のSIMカードの通信速度はそれぞれ微妙な違いはありますが、おおざっぱにわけると高速と低速の2つにわけることができます。

高速は150Mbps〜250Mbpsくらい、低速は300Kbps〜500Kbpsくらいです。

高速通信は4GとかLTEといった規格にあたるもので、月に容量が決まっていて3GBとか5GBまで使えるという契約が主流です。ちなみに契約した容量を超過した場合、通信速度がガクッと下がって150kbpsくらいになります。

おもしろいのが低速通信の定額プランで、500kbpsの通信速度が使い放題というもの。OCNモバイルONEが有名です。

500kbpsであってもメールとLINEとちょっとしたネットサーフィンだけを行うライトユーザーならそんなに困りません。データのみで月額1800円なので一考の価値あり。

通信容量に無制限プランもある

ほとんどのMVNOは通信容量に制限がかかっていますが、中にはU-Mobileやb-mobileのように通信容量無制限のプランもあります。

外出先のパソコンでテザリングしてノマド気分に浸ったり、自宅の有線ネット回線を解約してSIMのみで通信をまかなうなど夢がひろがりますが、正直通信容量無制限のSIMはオススメできません。なぜなら通信速度が遅いから。

なぜ通信速度無制限プランのあるSIMの通信速度が遅いのかは別記事で書きますが、現時点では遅くて使いものにならないというのが私の結論です。

SIMカードの各種オプション

ここまではSIMカードの主要な機能について見てきました。ここからは細かいオプションについてです。

家族割引

MVNOの格安SIMカードで家族割引プランがあるものは少ないです。みおふぉんファミリープランくらいですね。

格安SIMはもともとが安いので家族割引なしでも総額としては安くなります。

留守番電話

留守番電話機能は300円くらいで追加オプションである場合がほとんどです。

通話定額型

キャリアスマホでは一般的な通話定額型は格安SIMの世界ではマイナーです。提供しているのはワイモバイルくらいです。

公衆無線LAN

MVNOによって独自の公衆無線LANに無料で接続できる特典があります。ちょっとおトクな気分ですね。

自分の行動範囲をカバーする公衆無線LANがあるなら検討の価値があるでしょう。

プリペイド型SIMもある

変わり種でプリペイド型のSIMカードなんていうのもあります。例えば海外旅行で一定期間だけ現地のSIMカードを使うという使い方ができます。

SIMフリースマホはSIMカードを差し替えるだけで海外で使うことができるから便利です。

【関連記事】
SIMフリースマホの選び方

カタ通がオススメするSIMフリー格安スマホ

楽天モバイル

いろいろな意味でバランスがいい格安SIM界の風雲児。迷ったら楽天モバイルを選んでおけば間違いない。人気機種のZenFone2 Laserとのセット購入がお得

Y!mobile

SIMフリースマホとしては少し割高なものの実質通話無制限(10分通話×300回)であり、通信速度がキャリア(ソフトバンク)と同等という群を抜いたスペックが特徴。キャリア携帯と同じ感覚で使えるのでキャリアからの乗り換えに最適です。NEXUS5Xとのセット購入がもっとも満足度が高い。

 - SIM/MVNO, SIMカード