SIMフリースマホを使うメリットとデメリット

      2016/02/23

SIMフリースマホを使うメリットとデメリットについて書きます。

SIMフリースマホを使うメリット

通信料金が安くなる場合が多い

まずSIMフリースマホ最大のメリットはキャリアの通信料金と比較して大幅に割安になる可能性が高いことでしょう。

docomoやauのスマホを毎月1万円で利用していたユーザーがSIMフリースマホに乗り換え毎月実質て3000円程度に通信料金が圧縮されることはザラなのです。

ただしまれに通信料金が安くならないケースがあるので、以下の記事を参照してくだい。

キャリア携帯からSIMフリー格安スマホへの切り替えで損する人・得する人 - SIMフリー格安スマホの選び方

自分にあったスマホを選ぶ楽しみがある

SIMフリースマホのかくれた楽しみは「たくさんの中から自分にあったベストなスマホをチョイスすることができること」です。

SIMカードを販売しているMVNO会社は数十社もあり、SIMフリースマホも無数に存在していていまも増え続けています。

それぞれのsimカードおよびSIMフリー携帯は個性があります。それらの特徴を理解して自分に最適な一台を選び出す作業は大変ではありますが楽しくもあり、最終的に手に入れたスマホにとても愛着が持てます。

中古スマホが活用できる

SIMフリースマホはどんなSIMカードでも自由に切り替えできるので、中古スマホであっても特に難しい設定なくすぐに自分のスマホとして利用する事ができるのがメリットです。

SIMフリースマホの中古市場は活発なので、売買が簡単にできます。

例えばつねに新しい機種を使いたい人は新機種が発売されたら古い機種を中古スマホ屋さんに売ればまあまあ高値で売れるので低くコストで最新スマホを手に入れることができます。

2年縛りがない

SIMフリースマホにはいわゆる2年縛りというものがないのがメリットです。

キャリアのスマホの場合、契約してから2年以内に解約すると1万円前後の違約金がかかるという恐怖の2年縛りがあるわけですがSIMフリースマホには2年縛りという制度はありません。

SIMフリースマホは海外でも使える

SIMフリースマホは海外でも使えます。

現地で購入したプリペイドSIMカードを差し替えればOK。

SIMフリースマホを使うデメリット

初期費用が高め

SIMフリースマホは基本的に一括購入なので、端末代を毎月分割して支払うキャリア携帯よりも初期費用が高くなります。

通信速度が遅くなる

通信速度はキャリアと比較して確実に遅くなります。格安なのでこればっかりはしかたがありません。

MVNO事業者の中からできるだけ通信速度が速い優良なところを選びましょう。

購入から設定まで基本的に自分でしなければならない

SIMフリースマホは基本的に自分で情報を集めて数ある選択肢の中からSIMカードとSIMフリースマホを選択し、初期設定まで全部自分でしなければなりません。なにかと手間がかかるのがデメリットです。

決して特殊な技能は必要ない作業なのですが、機械オンチを自認するひとには厳しいかもしれません。

キャリアメールは使えない

キャリアスマホからSIMフリースマホに移行する際に、キャリアが提供するキャリアメールは引き継ぐことができません。

Gmailなどに移行する必要があります。

通話料金が従量制で高め

SIMフリースマホの通信料金は従量制で料金が高め(20円30秒)なのがデメリットです。

通話をたくさんする人はSIMフリースマホをあきらめるか、格安通話アプリを利用しましょう。

【関連記事】
SIMフリースマホの基礎知識

カタ通がオススメするSIMフリー格安スマホ

楽天モバイル

いろいろな意味でバランスがいい格安SIM界の風雲児。迷ったら楽天モバイルを選んでおけば間違いない。人気機種のZenFone2 Laserとのセット購入がお得

Y!mobile

SIMフリースマホとしては少し割高なものの実質通話無制限(10分通話×300回)であり、通信速度がキャリア(ソフトバンク)と同等という群を抜いたスペックが特徴。キャリア携帯と同じ感覚で使えるのでキャリアからの乗り換えに最適です。NEXUS5Xとのセット購入がもっとも満足度が高い。

 - SIM/MVNO, SIMフリースマホ