カタ通

使ってよかったモノのレビュー&生活に役立つノウハウ(方法)を紹介しています

ブログは本業になりえない

      2016/03/31

「ブログは本業にはなりえない」と結論づけたので報告します。

2年間ブログを運営してわかったこと

2年間ほどブログを運営してきました。ドメインを取得してWordPressでテンプレートはSTINGERという絵に描いたように典型的なブログです。

2年間のブログ運営の経験から以下の2つのことがわかりました。

  1. ブログはおもしろい
  2. ブログは稼げる

ブログはおもしろい

とにかくブログにハマりましたね。夢中でした。いつもブログに何を書こうか?どう書こうか?SEOはどうしようか?を考えていましたし、今でも考えています。

ブログってとにかくおもしろいです。他人に自分の文章を読んでもらえるという根源的な快感がまずあって、その上にSEOというゲーム的な要素が加わってさらに面白味がアップしています。

SEOがおもしろい理由

自分の体験したことを書き残しておきたいという欲求が私にはあります。その点でも非常に私の気質にあっているのがブログなのです。

ブログは稼げる

それなりに手間ひまかけて記事を書いたりSEO技術をみがいたりしていたら数万PVで毎月5000円程度稼いでくれるブログへと成長しました。

会社員としての本業のかたわら、しかも小さい子が2人いるなかでのブログ運営なので、実際にかけた時間はたいしたことはない割にはなかなかの成果だと思っています。

これまでつちかってきた技術を使って、さらに多くの時間をブログに投入すれば、投入した時間に比例して収益を得ることができそうな気がします。さらにアフィリエイトサイトの運営も開始しましたがこちらの方が収益性は高そうです。

2年間ブログを運営して「やり方さえ間違えなければブログは稼げる」ということが実感できました。

稼げるかといって本業にするかは別問題

じゃあ会社員をやめてプロブロガーになるか?という選択肢が出てくるのですが、私にはその選択肢はないなーと思うのです。私にとってブログはどうしても本業とは思えず、どこまでいっても趣味の産物としかみられないのです。

どうしてそう思うのかというと「ブログにはリアルがないから」です。リアルな取引相手だったり、仕事を一緒にする同僚だったりがいないということです。

面倒なこともあるけれど幸せってリアルな人間関係の間にしかないと思うんですよね。逆もまた真なりで、不幸もリアルな人間関係の中にしかないんですが…。

だから私は完全にヴァーチャルなブログという世界で完結する仕事はやっぱり虚業、よくて趣味くらいにしか思えなくて…立派な仕事とは思えないのです。

今後はIT系フリーランスを目指す

プロブロガーとして生きていくってどうなの?って考えたのは、会社員生活に不満があるっていうのがもとにあります。

どこに不満があるのかというと「拘束時間が長すぎる」ってところ。誤解されそうですが私は会社の仕事が大好きだし、会社の人たちも好きです。だけど毎日8時間働かなければいけないというのが納得できない。もっとブログを書いたりアニメを見たりいろいろしたいことがたくさんあるんです。そのためには全然時間が足りない。

週休4日にしてもらって年収をいまの5分の3にしてもらえないかと本気で思います。しかし正社員というのはそういう変則的な働き方は認められていないんですよね。

以上のような考察から、私はITフリーランスを目指したいと考えています。

ITフリーランスなら週休4日とか、数か月働いて数か月休むいった働き方が可能みたいなので。さらにプロジェクトごとにリアルな人間関係の中で仕事ができそうです。

ブログは副業として続ける

もちろんブログは大好きで楽しいので今後も続けていきます。あくまで副業として。

さらに未来の展望としては、リアルとヴァーチャルが相互に関係しあって高めあっていけるようなシステムになったらいいなあと思っています。

つまりITフリーランスというリアルの仕事があって、その様子をブログとして公開して営業ツールになるみたいな、そんな感じが理想ですね。

 - ブログ