カタ通のマンガ/アニメ感想ブログ

マンガとアニメの感想を書いています

カタ通の2015年秋アニメ感想

      2016/02/12

2015年秋アニメの感想です。

「終物語」感想

阿良々木暦くんの過去のエピソードとキスショットアセロラオリオンハートアンダーブレードこと忍野忍ちゃんの元カレの話しとがメインのお話しでした。

もちろんメインストーリーもおもしろかったですが、羽川翼ファンとしては羽川さんの登場場面がたくさんあったのがうれしかったです。

羽川さんは阿良々木くんのことを助けずにはいられない運命なんだなーと。ああ阿良々木くんがうらやましい。

終物語は来年以降もアニメ放映が続くものだと思っていたのですが、先日最終回でした(泣)。

しかも最終回を見ていたのに最終回と気がついていなかったというあっさりとした終わり方。それならそうと言ってよーと思いましたね…。なんとなくポエミーなのが物語終了の合図と気づく。

今回のアニメ化は原作小説「終物語」の中巻までのようですね。終物語の最終巻のアニメ化は「映画・傷物語」の後ということか。よく出来てるなー。

ということで来年早々公開の傷物語は映画館に足を運んで全シリーズ見るつもりです。感想も随時書いていきますよ。

「掟上今日子の備忘録(テレビドラマ)」感想

こちらはアニメではなくテレビドラマの感想です。

終物語と同じ西尾維新原作のドラマで、西尾節がお茶の間に爆発した記念すべき作品だったのではないでしょうか。

掟上今日子さんが羽川翼なのではないか?という謎は残されたものの、前半は探偵物、後半は恋愛物語として楽しめました。羽川さんが大人になって恋したらこんな感じかなーと思ってみると興奮が倍増しますよ。

それからもう一つの魅力は掟上今日子を演じるガッキーこと新垣結衣さんのコスプレです。最初は心配したものの意外と似合っている。かわいい。

さらに身体に書き込んだメモを見るために生足を披露してくれます。

「すべてがFになる」感想

2015年秋期のノイナミナは「すべてがFになる」でした。ノイタミナって30代アニメファンのツボにハマる作品を出してくれますよね。

「すべてがFになる」1996年の小説が原作の科学探偵物?という趣きの作品で、作品全体から当時の空気感がよく出ていました。

パソコン専門用語が作中にたくさん出てきます。そして話しの内容や謎にも大きく関わってくるのですが、パソコンがUNIXベースなのことに非常に時代を感じます。

エンディングテーマの映像にはUNIXのGUIのウィンドウをほうふつとさせるものがあり、ちょっとUNIXをさわったことのある者としては胸アツでありました。

「ドラゴンボール超」感想

大ヒットした映画「ドラゴンボールZ 神と神」と「ドラゴンボールZ 復活のF」のアニメリメイク作品であり、鳥山明監修のドラゴンボール正統続編であった本作。

それだけ聞くとものすごくおもしろいそうに思えますが、なんでしょう正直往年の勢いは感じられませんでした。

強さがインフレしすぎてもはや誰がどれだけ強いのかわからないのと、展開のテンポが悪く間延びしているのが問題ではないでしょうか。特にビルス戦では間延び感がすごかったです。いいから早くバトルせーよと。フリーザ編はそのへんまだマシに感じました。

しかしドラゴンボールがジャンプに連載されていた時代をリアルタイムに駆け抜けた者としては、古い友人と再開したような同窓会的な感覚はあり、一応続けて見ることはできました。

・・・
今年最後のアニメ感想いかがでしたでしょうか?2016年もアニメ感想書いてきますよ。良いお年を!

【関連記事】
カタ通がオススメする2016年冬アニメ
カタ通注目の2015年秋アニメはコレ!
マンガ/アニメ記事一覧

 - 2015年のアニメ, マンガ/アニメ