カタ通のマンガ/アニメ感想ブログ

マンガとアニメの感想を書いています

傷物語(熱血編)を見てきたのでレビューします

   

映画、傷物語の第2部「熱血編」を見てきたのでレビューします。ネタバレには特に配慮しませんので悪しからず。

傷物語熱血編画像

傷物語(熱血編)は阿良々木くん無双のバトル回

傷物語映画シリーズの第一段である傷物語(鉄血編)は主人公アララギくんがキスショットアセロラオリオンハートアンダーブレード(長いので以降はキスショットと表記)と出会って吸血鬼の眷族となるまでプラス無敵の委員長である羽川翼ちゃんとの出会いの物語でした。アクションより掛け合いが面白かったかと。

しかし熱血編は打って変わってキスショットを狙うバンパイアハンターと阿良々木くんとの一騎打ち×3という壮絶なバトル展開でした。

吸血鬼になりたてのこのころの阿良々木くんはシリーズ中で最も吸血鬼の血が濃く強い状態だったようで、強力なバンパイアハンターとの戦いであっても力でねじ伏せるアララギ無双感があり、非常に気持ちよかったです。

これまで放送された化物語シリーズの阿良々木くんは吸血鬼といっても凄いのは再生能力だけで、攻撃力については大したことない印象でしたが傷物語の頃の阿良々木くんの怪力は人間離れしていて肉体の武器化で敵を圧倒していきました。阿良々木君カッコイイ。

背景が3D画像で構成されていて、立体的で広大なバトルフィールドを大きく使った演出も魅力です。だだっ広い直江津高校の校庭と校舎の中(時に外まで)を敵を吹っ飛ばしたり吹っ飛ばされたり壁を突き破ったりしてます。

化物語シリーズの舞台の直江津高校では過去にこんなことがあったのか!とちょっと感慨深いです。

キスショットが二段階に成長するのが見どころ

傷物語の一人目のヒロインであるキスショットは最初は幼女の姿ですが、バンパイアハンターから手足を取り戻す度に見た目年齢が少女、高校生くらい?に変化します。

あらゆる年代のキスショットが見られるので、キスショットファンにはたまらないでしょう。

羽川さんのパンツ!

傷物語(熱血編)を語る上でやはりどうしても触れておかなければならないことがあります。それは…羽川翼さんのパンツ!なのです。

羽川さんとアララギくんはパンツで繋がれた間柄なのではないかと思われるほど、羽川さんの純白レースのパンツが物語の重要アイテムとして登場します。

一時間の上映時間の中で羽川さんのパンツの下りが計三回も登場。

  1. 羽川さん初回登場でパンツの話題「今日はパンツ見せてあげないよ!」
  2. ドラマスルギー戦後、羽川さんがパンツを見せて阿良々木くんと仲直りする
  3. ギロチンカッター戦直前でアララギくんに脱ぎたてパンツをプレゼント

ふう…なんというかアララギくんはなんてうらやましいヤツなんだ。それなのに羽川さんを振るなんて許せない!という気持ちがふつふつと沸いてきますが、羽川さんのパンツはとにかく破壊力抜群です。ええ。大画面で羽川委員長のパンツを視るためだけでも映画館に足を運ぶ価値があるのではないでしょうか。

まとめ:傷物語(熱血編)は羽川さんのパンツにはじまり羽川さんのパンツに終わる

以上、傷物語(熱血編)のレビューをお届けしました。まとめると、

  • 傷物語(熱血編)はアララギくん無双のバトル回
  • キスショットが二段階に成長するのが見どころ
  • 羽川さんのパンツが見どころ

ということでした。なんだか羽川さんのパンツの威力が強烈すぎて今ひとつ深い考察ができなかったような気が少ししますが、今回はこれにて筆を置きたいと思います。

次回は完結編の傷物語(冷血編)ですね。2016年1月7日公開決定!楽しみに待ちましょう。

以下は映画パンフレット。原作者西尾維新さんや声優の神谷浩史さん、堀江由衣さんのインタビューが濃くて読み応えがあります↙

【関連記事】
映画「傷物語(鉄血編)」と化物語テレビシリーズとの違い
マンガ/アニメ記事一覧

 - マンガ/アニメ, 傷物語, 物語シリーズ(西尾維新)